合気道小林道場 Aikido Kobayashi Dojo

合気道とは

道場リスト

昔の格闘術を柔とか柔術といっていました。
それが明治になって組んで行う柔道と、突き、蹴りを中心にした空手となりました。 柔術の中には、まだ沢山の技がありました。
残された技を植芝盛平先生が大正のはじめに合気道として現代に向く稽古方法で集大成したものです。 合気道は修行を目的としたもので試合は行いません。


このページの先頭へ

なぜ合気道?

合気道を習わせたいという父兄の理由は、大別すると以下のようになります。

  • 内気でおとなし過ぎる。
  • 身体が弱い。
  • 運動が苦手。
  • 元気で活発なので体を鍛えてほしい。
  • 又は礼儀等を教えてほしい。

などがあげられます。

子供クラスの稽古では、子供達の発育に合わせ。合気道の技のみでなく基礎体力、 運動能力を培うように指導し、けんけん、両足飛び、手押し車などの補助体操も行います。また、技自体も 一般クラスとは異なって、覚えやすく、掛けやすく、動きの大きな、危険の無い技を指導します。 したがって、多少の運動が不得意な子供でも、無理なく、怪我なく、楽しんで合気道の技が、 修得できます。
また年2回の昇給審査により、合格とそれぞれの級に見合った色帯に変わり、目標を持って稽古が できるようにしています。そして、年1回の合宿稽古により、団体生活を体験する事ができます。


このページの先頭へ

礼儀

合気道小林道場では稽古を通じて礼儀や作法を学べるように、特に以下の点に重点をおいて 指導を行っています。

  • 入退場時の履き物の整理。
  • 「おはようございます」、「こんにちは」、「さようなら」などの挨拶の励行。
  • 着替え、帯の結び方。道衣のたたみ方、の指導。
  • 指導の先生の話をよく聞き、正確に技を行う。
  • 友達を作り、後輩への指導ができるようにする。

このページの先頭へ

道場リスト


このページの先頭へ